若者おじさんのつぶやき

スポーツと子供が好きな20代の若者おじさんがへぇ~と言いたくなるようなことを記事にします。

今日の1問・教える:74日目

昨日の記事にも書いた通り

今週は学習や教育にかかわる

「言葉の語源」について

まとめていきたいと思います。

 

余談ですが

 

学校教育という言葉がありますが

「教育=教える/育てる」ですよね。

「教える」、「育てる」どちらも

他動詞であることを考えると

教育というのは

誰かから与えられるものだ

という印象を受けます。

 

一方、学習という言葉は

「学習=学ぶ/習う」となります。

「学ぶ」は他動詞ですが

「習う」は自動詞とする辞典と

他動詞とする辞典があります。

 

学習という言葉は

教育よりも自主的に行われるもの

という直観的なイメージは

持っているものかもしれませんが

構造的に理解するには単語を分解して

個々の動詞/名詞が持つ意味/性質を

考えると理解が深まるのではないか

と思っています。

 

そんなこんなで

今日の1問

教える(おしえる)

という言葉の語源

どのようなものだと

考えられているでしょうか?

昨日の1問

学ぶ(まなぶ)

という言葉の語源

どのようなものだと

考えられているでしょうか?

というものでした。

答え

表示する

「まなぶ」は「まねぶ」と

同じ語源で「まねる(真似る)」

とも同じ語源とされています。

真似が語源にありそうです。

 

「まなぶ」は教えを受けたり

学問をする意味で多く用いられ

「まねぶ」は模倣する意味

用いられていたようです。

 

一般的には以上のように

解釈されていますが

「まなぶ」「まねぶ」「まねる」

単語として出てきた時代は同時期で

これが正しいという根拠は

明確にないとも言われています。

 

詳しい内容は↓こちらから

gogen-yurai.jp

extraordinary.cloud

語源や由来を調べると

「確実にこれだ」と言えるものが

多くないことに気付かされます。

 

他の学問においても同じことが

言える場合が多く

答えはよくわからないけど

自分が正しいと思う方を

選ばなければならない

という状況になります。

 

学校教育においては

周囲との協調性を

重視する傾向があるので

家庭などで積極的に

判断をする経験が積めると

良いなあと思う今日この頃。。。

お知らせ

Twitterもやってます。

ブログより高頻度で更新予定

大人向けの内容も発信しています。

気になる方は↓をチェック

twitter.com