若者おじさんのつぶやき

スポーツと子供が好きな20代の若者おじさんがへぇ~と言いたくなるようなことを記事にします。

胡散臭い話?・今日の1問:91日目

今日は難しい話をします。

どれくらい難しいかと言うと

日本人の半分くらいの人が

考えたこともないような話です。

 

正確に言うと

考えたことはあるかも知れないけど

考えるのが面倒くさいと感じる人が

多いような話です。

 

単語で表すとすると

「投資」になります。

ただ、この言葉を聞いて

胡散臭いと感じる人が多いことも

充分に理解した上で話します。

 

過去の記事で

時間=お金という考え方

頭にあるので自分の時間は

時給計算した上で

買い物とかをすると

本当の意味での節約

繋がっているのか考えられる

のではないかという内容でした。

aged-young-man.hatenablog.com

 

しかし、この時は

時間やお金をかけても

得をする場合がある

という例外があることを

話し忘れていました。

 

それは、時間やお金をかけることで

将来的に安く買える場合です。

「何胡散臭いこと言ってるんだ?」

と思わずにもう少し聞いてください。

 

何度もお店に通って

時間をかけて買い物をした結果

お店の人が買ったものを

配達してくれるようになったとします。

 

あなたは買い物にかかっていた時間

1時間の手間が5分に短縮しました。

これは時間=お金だけで考えると

1回の買い物で約700円

得することになります。

 

配達を受けるようになるまで

買い物に20回通う必要があるとすると

20時間かけて配達がスタートします。

 

20時間は無賃労働ですが

その後の買い物は買い物の度に

700円得するので

時給800円を超えるには

800×200÷700=22.8回

 

つまり、配達が始まってから

23回以上の買い物をすると

この最初の20時間の

無賃労働が時給800円以上の

価値を生み出すことになります。

 

ただ、この配達は絶対に

してもらえるか

どうかわかりません。

 

回りくどい説明になりましたが

これが「投資」です。

今すぐに成果の出ない

将来的な価値に時間やお金を

かけることを言います。

 

そんな風にして勉強や

習い事や生活の体験を

考えてみると

見え方が変わってくる

かも知れません、、、

 

そんな気持ちの投資に関する

今日の1問

「胡散臭い」の胡散とは

どういう意味でしょうか?

昨日の1問

動物の中には超音波を使って

コミュニケーションをとる

仲間がいます。

 

超音波を扱う動物は

どんなものがいるでしょうか?

出来るだけ多く答えてください。

というものでした。

答え

表示する

ゾウ、クジラ、イルカ、イヌ、

ネコ、ネズミ、コウモリ、ガ、

カゲロウ、ゴキブリ

などが挙げられるようです。

 

ちなみに超音波と言うのは

20Hz以下の低い音と

20kHz以上の高い音のことです。

高い音だけでなく低い音も

超音波っていうんですね。

 

詳しい内容は↓こちらから

crd.ndl.go.jp

問題を作っている時に

自分が知っていると

思っていた言葉が

別の意味を持つ言葉である。

ということがわかったりします。

 

皆さんも問題を作ってみると

意外な発見があるかも、、、

お知らせ

Twitterもやってます。

ブログより高頻度で更新予定

大人向けの内容も発信しています。

気になる方は↓をチェック

twitter.com