若者おじさんのつぶやき

スポーツと子供が好きな20代の若者おじさんがへぇ~と言いたくなるようなことを記事にします。

今日の1問・注意報と警報:45日目

昨日の台風の話題に引き続き

ニュースでよく聞く単語

について確認していきたいと思います。

 

台風や大雨が降るとき

雷が落ちるときなど

「○○警報」が発令されました。

ってニュースでよく言っていますよね。

 

皆さんはこの警報や注意報について

どのくらいご存じでしょうか?

 

災害が発生するおそれのある時

気象庁が警報や注意報を発信しています。

この気象情報について

今日の1問

注意報・警報などは

天気の種類によって分類されていますが、

分類はどんなものがあるでしょうか?

 

昨日の1問

そもそも台風って

どういうものでしょうか?

 

単に大雨が降るときとの

違いに注目すると

分かりやすいかも知れません。

 

というものでした。

答え

表示する

赤道以北かつ東経180度以西の海

または南シナ海に存在する

熱帯低気圧の内

低気圧内の最大風速が17m/s

となるもの

です。

 

よく分からないという人は

日本よりちょっと南側できた雲の集まり

で強い風を巻き起こすもの

というような認識でよいかと思います。

 

台風が来ると強い雨風によって

外に置いてあるもの

ぐちゃぐちゃになってしまうので

あらかじめ整理できるものは

整理しておきたいですね。

 

台風が来てから屋外で作業すると

とても危険なので

台風の進行状況を確認しつつ

無理のない範囲で片付けると

良いかも知れません。

 

昨日も書きましたが

台風などのニュースがでた際には

身の回りの防災・避難情報

併せて確認できるといいですね。